店名の由来

台風が通り過ぎたと思ったら、また発生したんですね。まだしばらくお天気の悪い日が続くのでしょうか…
涼しくて過ごしやすいからありがたいんですが、なんせ洗濯物が…

気を取り直して、今日は店名についてご紹介します。
タイ古式マッサージロータス」の”ロータス“ですが、「ハス」という意味の英語です。

なぜハス?かというと、あまり深い意味はないんですよね。
店名考えてるときに、なんとなく、まずカタカナっていうのを決めていました。タイマッサージのお店っていろんな名前がありますが、タイ語だったり英語だったり日本語だったり。読みやすくて言いやすくて覚えやすいシンプルなのがいいと思ったんです。
それからタイに修業に行った時の写真を見直していると、お寺にお供えしてあったハスの花のつぼみが、作り物みたいに綺麗で高貴な感じがしていて、
ハスって英語でなんだっけ・・・
ロータス・・・!!!!
で、ロータスにしました。もともとお寺が好きで、仏壇の飾りの金ピカのハスが好きだったし、「蜘蛛の糸」のお釈迦様は極楽の蓮池から下界を見ている、という話が頭にあって、ハスの花は「お釈迦様のお花」だからなんとなく良いイメージだなぁ、と後付けで自分にいいきかせています。

ちなみに”ハス”と”スイレン”の違い、わかりますか?私は最近調べるまではわかってませんでした!(笑)
どちらも水面に咲いている大きい花、なんですが、特徴が色々あります。
写真で見ると
↓ハス
kakou.jpg_effected
↓こっちがスイレン
ハス④.jpg_effected
違う点は
  ハス=葉:水面から突き出ている。中心が低く、周辺が高い。水をはじく。
     花:水面から高く伸びて咲く。水上で花弁が散る。

スイレン=葉:水面に浮かんでいる。葉に切り込みがある。水をはじかない。
     花:水面に近いところで咲く。咲き終わりは花弁を閉じて水没する。
  
ハスはレンコンができますが、スイレンにはできません。
どちらも朝に花が開いて、午後には花が閉じるそうです。
ちなみに、ヨーロッパではハスとスイレンどちらも”ロータス”ですが、アメリカではハス=ロータス、スイレン=ウォーターリリー、と区別するそうです。
調べた結果、ロータスのフェイスブックページの写真がスイレンであったことが判明いたしました!
でもヨーロッパでは区別ないからいっか!!蝶と蛾みたいなもんですよね(笑)

o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o○*.。+o●*.。
タイ古式マッサージ ロータス

http://lotus-relaxation.com/

092-282-4545
lotus.thaim@gmail.com
営業時間 12:00-LAST(22:00最終受付) 不定休
天神・中洲区域のビジネスホテルに出張可(タイ古式マッサージのみ)
o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o○*.。+o●*.。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation